iPhoneSEとお別れをしたお話


僕が君と出会ったのは、2年以上前の春だったように思う。


そこからはほぼ毎日一緒にいたね。一緒に、いろんな場所へ行った。


箱根、名古屋、静岡、大阪、ハワイ、バリ、台湾、イタリア…


日本や世界を巡って、色んな人と会って、数多くの思い出を写真やムービーに収めた。


楽しかったなぁ。


でもね、一番君が居てくれてよかったと思ったのは、


そんな風な非日常の真っ只中ってわけじゃないんだ。


何気ない毎日。


朝、夜、出勤の電車の中、駅での人待ち、仕事の休憩中。


いつも君はそばにいてくれて、僕を楽しませてくれた。


お気に入りのカバーと保護シートで飾られて、


大好きな音楽をかき鳴らす。


犬が寄ってきて噛まれたり、舐められたり、


時にはイヤフォンケーブルが巻きついてうわーってなったこともあったけど、


掌にぴったりで、居心地がとっても良かったよ。




ねぇ、


きっと僕のこのメッセージは永遠に既読がつくことはないし、


バックアップもされないし、留守電に残ることもないけど、


それでも、伝えたい言葉があるから、


精一杯の想いを込めて呟くよ。




16GBしかない僕を、ここまで大切に使ってくれてありがとう。



「このボタンの押し心地がいいんだよ」って、ずっと機種を変えずにいてくれてありがとう。



ひどく汚れた僕を、何度も綺麗にしてくれてありがとう。



僕と、出会ってくれてありがとう。




居心地のとってもいい、君の掌が大好きだったよ。



僕が僕の写真を撮ることはなかったから、いつかきっと、君はどこにも残っていない僕を忘れてしまうだろうと思うけど、



初期化されたって、リセットされたって、僕はきっと、君のことずっと忘れないから。



じゃあ、もう行くね。



そういえば昔、君が僕を使って打ったお気に入りの誰かの名言があるんだ。



「本当のお別れの時には、未来へ向けて希望のある言葉を使うのがいい。いつかまた会える日のことを、ずっと楽しみに待てるから」



だから、



ばいばい。



じゃなくて、



またね。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

フィクションですが、僕にはiPadという仲間がいたので、ちゃんと君の写真もいっぱい残ってるよ。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000