【受験情報】神奈川県公立高校入試の倍率の考え方

神奈川県の公立高校の2016年度最終倍率が発表され、

本日が私立の入試日。

受験生たち、頑張ってくれた様子です。

さぁ、公立高校を受験する子たちの勝負はまだまだここから!


さぁ、その最中で、

先日発表された倍率で一喜一憂している受験生たちへ、

毎年のことながらアドバイスです。


それは、

倍率は気にするな!」ということ。


見れば分かる通り、

神奈川県の公立高校の倍率は高くても2倍そこそこ。

つまりほとんどの高校が、受験生の半分以上受かるということです。

内申が足りていなくても、二次選考をほとんどの学校が行いますし、

前もっての模試で自分の実力もある程度把握できます。

つまり、倍率を気にしてソワソワするより、

今は一点でも多く点数を取れるように手を動かすことが、

自分のベストを尽くそうと必死になることのほうが、

大事です。


元から不安定な未来を恐れて足を止めるより、

今は一歩でも前へ歩き続ける時期。

不安やネガティブになりやすい時期ということもわかります。

どうしてもそんな思いが頭から離れないのであれば、

それを手を止める理由ではなくて、

問題を解くモチベーションとして活用しましょう。

人を動かすのは「希望」と「危機感」。

危機感から動き出すことも、この短期間なら悪くありません。



それでも、どうしても手が止まってしまうという人は、

塾の先生に相談して下さいね。

大人は、君の知らない多くのことを知っています。

一人で抱えきれない思いは、吐き出してみましょうか。



すべての受験生がハッピーになることは、

受験の仕組み上、有り得はしないことなのだろうけど、

私たちはそれを願っています。

君の合格を信じて、心の底から、応援しています。

悔いなきラストスパートを。


FIGHT!

詳しい倍率はコチラ。

HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000