やる気の育て方をやる木を使って説明しよう


「やる気」。


勉強やお仕事に必要なもの。どんなに良い方法があっても、それを実行しなければ、成果は生まれませんもんね。


やらなければ、何も生まれない。だから、「やる気」は重要です。勉強はやる気じゃなくて習慣でやるんだよと言う僕も、やる気に引っ張られる側面ってあるからね。


では、どうしたら「やる気」を上げることができるのでしょうか。それが今日の本題です。試しに、比喩を使って考えてみましょう。



やる木



それをぐんぐん伸ばすには、光や土やエネルギー、それに水が必要らしい。


光とは、希望のこと。目標や目的がそれに当たる。大きな光源を見つければ、そこに向かってスクスクとそれは育つ。強く願う目標が出来れば、簡単に幹が折れることはない。少しの間であるならば、 暗く深い闇の中でも耐えることは出来る。


土とは、環境のこと。良い環境でなければ枝葉は枯れてしまう。仕組みを作ったり、仲間を増やしたり、ルールを変えたりして、快適な環境を整えよう。土が腐っているのなら、そこから逃げるのも得策だ。


エネルギーとは、情報のこと。プラスの情報を集めてワクワクしよう。マイナスな情報は危機感として使おう。対話を通して、様々な養分を取り入れ、背をぐーんと伸ばし、広い世界を知ろう。


水とは、充実感や達成感のこと。自分がやっていることへの自信や成果。ただ、すぐに消えてしまうので、定期的に取り入れるサイクルを創り出そう。供給を欠かさなければ、やがて大きな実りを生むだろう。


「やる気」は、「やる木」。


育てば育つほど、出来ることは広がっていく。その土地は、どんどん豊かになる。大きな木の周りには、大小様々な木が育つ。つながった根は強固な地盤を生み、やがてたくさんの花を咲かすだろう。世界は彩り豊かになっていく。


君の「やる木」と僕の「やる木」、 近くに植えたらさ、一体どんなことができるかな。




そういう意味では、教室長のお仕事の一つは生徒の「木を育てる人」とも呼べますね。土を耕し、光を見つけ、水をやり、養分をあげる。強い風が吹き荒れる中でも、折れることのない強さを持った木を一緒に育てていきましょう。


そうそう、沢山の木が育てば育つほど、空気は澄み、世界は彩り豊かになっていきます。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

そしてそのやる気を使って習慣や仕組みを作っちゃおうね。


「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。