課題「サザンオールスターズ」

曲名ごとのオムニバス形式です。



「希望の轍」


夕方。空はいつもより暗かった。

お盆だからか、いつもより人通りが少ない新橋を歩く。

今日も仕事か。明日もだ。明後日もか。

夏休みってなんだろう。働くって何だろう。

よくわからなくなっていた。


灼熱地獄の中、

暑いスーツ着て、重い鞄抱えて、

お得意様に頭下げて、

数字作って上司にも頭下げて、朝早く起きて夜遅く帰って寝るだけ。

お金は溜まっても使う道がない。身体はいつもボロボロ。常に眠い。


疲れた。

ホームで立ちくらみがして転落しそうになる。

ホームレスっぽいおじさんに「まぁ、休めよ」ってベンチに座るように促された。

本当にきつかったのでちょこっとだけと思って座った。

すると、どこからか、今まで気付かなかった、音が聴こえてきた。


聴いた事のある歌だった。

すごく心地のいい音。

思わず顔を上げる。自然に腰が上がる。

立ってホームから覗いた新橋のSL広場。

オーロラビジョンをジャックしながら歌う、

そこに彼らがいた。


ボーカルはやけに黒い女性。

その隣で団子みたいなおっさんがギターを弾いている。40代かな?

コーラスはメガネをかけた男。「くまです」とボードを下げている。

ベースはマフィアみたいなサングラスのおじさん。楽しそうだ。

パーカッションとドラムとキーボード(顔が必死)とサックスも女性。

奥にまだメンバーが居るみたいだけど顔が見えない。

ダンサーも観客も楽しそうに踊っている。なるほど、と僕は思った。

これはサザンだ。サザンオールスターズだ。


昔よくカラオケで歌ったなぁ。

よく笑ってた頃を思い出す。

心地いいメロディにつられて空を見上げた。

広くて、こんな東京のど真ん中からでも星が見えた。嬉しかった。


「HEY!」

一瞬の空気の震え。

揺れているような錯覚を起こすぐらい、

イントロで一気にボルテージが上がった。この歌は僕も良く知ってる。


♪「夢を乗せて走る車道」

夢なんて乗せて走ってきたかな、と自分を振り返った。

胸を焦がすような恋なんてしてきてないけど、

歌は少しずつ僕の中に入ってきて、

それはすごく心地のいい応援歌になった。


♪「通り過ぎる街の色」

道はいつだって前へと続いてる。

過去は一つ一つ大切な財産になる。

思い出した。

入社した頃、お客さんの「ありがとう」がすごく嬉しかったこと。

社長に「よくやったな」って言われて泣いたこと。

後輩に頼られてはりきったこと。

何のためにこの仕事をやってきたのか。


♪「遠く遠く離れゆくエボシライン」

辛いことも苦しいことも全部。

無駄なんかじゃない。

決して無駄なんかじゃなくて、

その一つ一つがきっと、

明日をより輝かすための、本当に幸せになる為の、

それぞれにとってすごく重要な、確かな、希望の轍になるんだ。

気が付いたら腕を突き上げて一緒に歌ってた。


アンコールが終わって、ビジョンにバンド名が出た。

「サザンナイトクラブバンド」か。

なるほど。コレが流行のコピーバンドね。

会社に帰ってみんなに言われた。

「やけにスッキリした顔してるな」。

そりゃそうだ。


結局最後まで10曲ぐらい口ずさんで帰ってきたんだから。 



「TSUNAMI」


カランコロン。

茅ヶ崎商店街の魔法使い、という看板が揺れた。

常連客のけん坊が重い足取りで入ってきた。

「やっぱり駄目だったか?」

「うん。おっちゃんに魔法かけてもらったけど、駄目だった」


けん坊は12歳。彼の初告白は失敗だった。

「ねぇ、おっちゃん。今度僕告白するんだ。かっこよくしてよ!」

それが3日前の出来事。

うちは床屋。

ドアのオシャレな看板は、

お客様の目的に合わせた髪のセットをすることから、

常連さんの一人がお礼に、と作ってくれたものだ。

「魔法使い」は恥ずかしいが、意外と気に入っている。


けん坊の初恋のお手伝いか。自分の40年前を思い出しながら、

「告白が上手くいく魔法をかけといたよ」と送り出した。

けれど、駄目だった。

お店の隅のテーブルで、

麦茶を泣きながら飲んでいるけん坊を見て、

何とか元気づけられないかと思い、

明後日の夏祭りのチラシを見せた。

「誘ってみたらどうだ?まずはお友達からって」

「いいよ。どうせ駄目だもん」

そんな風に言っていたが、

しぶしぶ結局はチラシを持って帰った。


頑張れ、と心の中でエールを贈る。

その小さな背中を見送りながら、

思い出してみる。自分の初恋。

今となってはこんなおっさんだが、

何かの歌の文句にもあるように、

俺にも「見た目以上涙もろい過去がある」のだ。


夏祭りの日がやって来た。

けん坊は上手く誘えただろうか。

祭囃子の懐かしいメロディに誘われて、

お店を少し任せてぶらりと商店街を歩いてみた。

商店街の真ん中。

設置されたライブ会場の前に、

けん坊と小さな浴衣の女の子を見つけた。

二人で食い入るようにライブを見ていた。

「サザンナイトクラブバンド」?


とにかく黒いボーカルの女性に、

眼鏡のコーラス隊。それに俺みたいなギタリスト。

面白そうだな、と耳を傾けたら、

俺でも知ってる曲がちょうど流れてきた。

静かな入り出し。蝉の声も祭囃子も止んだ気がした。


♪「風に戸惑う弱気な僕」

自分の思い出が少しずつ頭に浮かぶ。

切なさが少しだけ、こみあげる。

しばらく忘れていたなぁ、あんな思い出。

そういうものって、

すごく大切な気が、昔はしてたのに。

ちっともいい思い出じゃないから、

無駄だと思って忘れてたんだ。


♪「見つめ合うと素直にお喋りできない」

とっさにけん坊に目をやる。

気付かれないように、

少しずつ横の彼女に手を伸ばしてる姿が可愛くなって、

頑張れ、頑張れ、頑張れ、と心の中で応援する。

手が届きそうになったところで、

彼女がけん坊のほうを見て話しかけたから、

また手が離れる。「惜しい」っと思わず声が出た。

頑張れ、頑張れ、頑張れ。


♪「めぐり逢えた時から魔法が解けない」

恋は魔法のようなもの。夢のようなもの。

勘違いもするし、儚いし、叶わなかったときにショックも受ける。

でも、きっと、

その一つ一つが人を強くしていく。

成長させていく。

恋はかからなくちゃいけない魔法。

けん坊の手が、静かに、彼女の手に届いた。


♪「人は涙見せずに大人になれない」

少年はいつか、

魔法を解いて、

夢から覚めて、

大人になる。

無駄だと思ってた、

自分の思い出が急に誇らしくなって、笑う。

振り返ったけん坊が俺に気付いて手を振る。

「おっちゃん!魔法、かかったよ!」

俺は嬉しくなって、

いつの間にか「アンコール!」と手を突き上げ叫んでいた。 




「SEA SIDE WOMAN BLUES」


♪「愛という字は真心で、恋という字にゃ下心」

 かかっている音楽に耳を澄ませる。しゃがれた声の男が歌っている。その旋律に紛れながら、私は思い出す。あれは愛じゃなかったかな。夏の夜の記憶が少しずつ鮮明になっていく。星も見えないあの夜に、出会った人は、今何処に居て何をしているのだろうか。


 最初の出会いは、会社帰りの東海道線の中だった。たまたま空いた席に座った私の横に、彼もたまたま座った。若い男が隣に座るのは正直なんだか嫌だった。漏れるイヤホンからの音に、きっと私は少し嫌な顔をしたんだろう。「あ、すみません」と彼は軽く頭を下げながら、こちらを向いた。綺麗な、顔だった。「いえ、大丈夫です」と私は返答をしながら、目を伏せた。そこから会話はなかった。イヤホンの音量は下がったのだろう。音は聞こえなくなった。隣の男はきっと私よりも少し若く、私のことを「嫌なおばさんだなぁ」と思ったのだろう。俗にいうイケメンだが、そういう軽さがあるように思えた。顔のいい男は軽い、というのは偏見だろうか。実体験に基づく、的確な考察に思えた。気が付くと、電車は藤沢に着いていた。

 人波に押し出されるように電車を降りた。エスカレーターを上り、改札を出る。JRの駅から江ノ電の駅までは少し歩く。辿り着く前に、雨が降っていることを確認し、傘を買おうと雑貨屋がある駅ビルへ進路を変える。そこで私は、また彼に出会った。彼は傘を買ったところだった。「あ、さっきはどうもすみませんでした」と彼はまた頭を下げる。その頭がお店の棚に当たり、衝撃が波のように伝わって、乗っていた人形がいくつか落ちる。私は思わず吹き出してしまった。その笑顔を見て、彼も、笑った。

 帰り道は一緒だった。二人で江ノ電に乗り、他愛もない話をした。彼はやはり私よりも年下で、だけれど予想外に、そんなに軽そうではなかった。女性と話すのに慣れていない感じさえあった。彼は七里ガ浜の駅で降りると言った。私にとっては最寄り駅の一つ前だったのだけれど、歩ける距離だったからか、私も一緒にそこで降りた。もしかしたら、あの時既に私は恋に落ちていたのかもしれない。

 雨はその強さを増していた。私は降り注ぐ雨の出発地点、真っ暗な夜空を見上げ、傘を買い忘れたことに気付いた。彼は私よりも先に改札を出て、左右の道を見た後、「どっち?」と聞いた。私は「こっち」と指をさした。「じゃあ」と彼は私の手を引き、傘に入れた。

「近くまで送っていきます」

 鼓動が早くなるのを感じた。小さな傘の中で、私達は何かを必死に隠していた。少しの沈黙が続いて、海の見える道へ出た頃、彼が意を決したように言った。

「あの、もし、もし良かったらなんですけど、今度一緒に花火を見に行きませんか」

 隠していたものが、少し見つかってしまったような、バツの悪い顔を彼がした。もしかしたら、それは私も一緒だったのかもしれないが。

「はい」

 自分の口から出たものなのに、自分の言葉ではないような感覚が残った。彼はすごく嬉しそうな笑顔を見せた後、一瞬うつむいて、そして私の肩に手を置いて、キスをした。自然な、やさしいキスだった。傘の中で、私はただ呆然として、唇が離れるまで動かなかった。雨の音が強くなった気がした。


 家の近くのコンビニで傘を買って、私は帰宅した。彼とは次に会う日の約束をして、「もうここでいいよ」とそのコンビニで別れた。家に帰って、整理をしてみる。私はきっと、多分、恋に落ちたのだ。


 約束の日は晴れていて、打ち上がる花火が綺麗に見えた。波音が心地よく、江ノ島や渚橋を照らす月は、いつもよりも高く見えた。山並みは夜より暗く、私たちは手をつないで歩いた。私が着ていたワンピースのスカートを、南風が揺らした。潮風独特の香りが、なんだかいつもよりも心地よく思えた。私たちはバーでお酒をいくらか飲んだ後、彼の家で、初めて結ばれた。


 私たちの待ち合わせは、いつも海だった。昼の海も、夜の海も、他愛ない話を浮かべながら、よく歩いた。134号線沿いのバーで、お酒もよく一緒に飲んだ。彼はいつも水割りで、酔うと「ずっと一緒に居よう」と良く言った。彼の横はよく眠れたし、彼がそばにいると、不思議と安心した。あの頃、私は、彼とずっと一緒に生きていくつもりだったのだろうか。

 

 病気のことがわかって、私は彼に連絡を取らなくなった。血液の癌というその病気は、確実に私の身体を蝕んでいた。余命はたった1年とちょっとで、私は仕事もやめ、実家に帰省した。両親は意外と普通に迎えてくれたが、無理をしているのも分かった。でも、普通にしていてくれることがすごく有難かった。彼には病気のことも、実家に帰ることも言わなかった。いつものあの海で、私は彼を振った。きっと大好きなあの人に、私はお別れをした。


 今でも、あの頃の色んな景色を思い出す。江ノ島の明かり。海の上に浮かぶ月。片瀬川に反射する光。私は決まって彼の左。今もまだ、彼はあの海の近くの家に住み、夜はバーへ行き、水割りで酔っ払っているかな。傘の中での小さな告白も、覚えているかな。私のことなんか忘れて、違う誰かを愛しているかな。そう言えば、恥ずかしがって一度も下の名前では呼んでくれなかったな。少しの残念さと、切なさを覚える。いい思い出だったよねと、いつも自分を納得させる。君を思い出す時さ、私はいつも笑っているよ。泣きたくて泣きたくて、どうしようもない時も、ちゃんと笑っているよ。君に会えて良かったから。本当はいっぱい、感謝している。


 ねぇ、もしかしたら一度話したかもしれないね。私の実家からも、海が見えるの。あの場所と同じように、心地の良い、波音が聞こえる。太陽の光や月明かりを浴びて、同じように綺麗に水面が輝く。同じように広がって、同じように聞こえるのに、だけど、ちっとも同じじゃない。一緒じゃないの。だって何処にも、君が居ないから。やさしくて、不器用で、お酒はそんなに強くなくて、少しだけロマンチストで、私より若いくせに生意気で、一緒にいて楽しくて、安心で、大好きな君が居ないから。精一杯に祈ったら、届くかな。ちゃんと本当の気持ちが伝わったらいいなって、どこかで思っている私はずるいかな。ねぇ。だから静かに、そっと、誰にも気付かれないように、私が沢山のありがとうを浮かべるのは、君がいない、海です。




「真夏の果実」


あの海沿いのアパートを出たのは、

もう二年も前。

潮の匂いのする風。

耳を澄ませば聞こえる波の音。

大好きな街で、

大好きなあなたと暮らしていた、日々。


♫「今もこの胸に夏は巡る」

商店街の向こうから、

あなたの大好きだった歌が聞こえる。

一緒に散歩した道も、

寄り道してのんびりしたオープンテラスのコーヒーショップも、

まだあの日のままに残ってる。

懐かしいなぁ。

私さ、一緒に並んで歩くのって嫌いだったけど、

あなたとの散歩は楽しかった。

嬉しかったんだよ。

きっとあなたも。でしょ?


♫「遠く離れても黄昏時は熱い面影が胸に迫る」

夕焼けに染まった街並み。

いつも通ってたお店が閉店をしていて寂しくなる。

街も、人も、

きっと変わっていく。

それが当たり前なんだと思う。

でも、あなたは、

最後の最後まで優しかった。

あの頃も、今も、

届けられはしないけど、

ずっとずっと想ってる。

思ってる。ありがとうって。


♫「四六時中も好きと言って」

もっとちゃんと伝えたかった。

もっとしっかり届けたかった。

言葉って大切だから。

あなたと一緒になって笑って、

色んな街を巡って、

そんな日々をたまには語り合いながら、

ただ、ずっとずっとそばに居たかった。

大好きって、言いたかったよ。


♫「夢の中へ連れて行って」

もう一度、会いたい。

すごく短い夢の中でもいいから、

また会いにきてくれないかな。

でもね、でもね。


♫「忘れられないheart&soul」

あなたの身体がここに無くても、

気持ちや思い出はずっと残ってるから。

私はそれを集めたり拾ったりしながら、

いつでも、また、あなたに会える。


♫「砂に書いた名前消して波はどこへ帰るのか」

必ずいつか終わる私の短い生涯の中で、

あなたに会えてよかった。

いつか私が何処かへ帰る日にも、

あなたとの日々を、私の宝物を、

持っていけたならいいな。


♫「こんな夜は涙見せずに」

お別れの日の夜に、

寂しくなるなぁって笑ったあなたを、

私は忘れない。


♫「また会えると言って欲しい」

「また戻ってくるからな」って、

あなたはそう言った次の日から入院する事になって、

もう、帰ってはこなかった。


♫「涙の果実よ」

シャリ、っと音を立てて、

おばあちゃんから貰ったリンゴをかじり、

「美味しいよ」と言うつもりで、

おばあちゃんへ向けて話しかける。

「そうね、まだ暑いねぇ」とおばあちゃんは返す。

やっぱり私の言葉は伝わらない。


だけど、

空の上にいるあなたになら届くかな。

おじいちゃん。

あなたと暮らした街に、

久々に戻ってきたよ。

「別れた女房は怒るとすごく怖かったから、

お前を預けるの心配なんだよな」って言ってたけど、

おばあちゃんはすごく優しくて、

私は毎日幸せだよ。


でも、寂しいよ。

おじいちゃんに、また会いたいよ。

大好きだよ。ずっと一緒に居たかったよ。

ちゃんと届けと、

精一杯の想いを込めて鳴いてみる。

繰り返し、繰り返し。

ねぇ、ちゃんと見つけてよ。

「にゃあ」




【教育・道徳的観点】


応援団に入るぐらい、

大好きな方々です。サザンオールスターズ。

音楽も人柄も、ライブパフォーマンスも全部好きです。


好きな人ができると、

毎日が楽しくなりますね。

勉強に疲れたら、音楽を聞いてリラックスするのもいいね。

ぜひ、サザンを。




HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000