頑張るのは受験生ばかりじゃない!中1中2生がこの冬に絶対にやったほうがいい勉強について


受験が近付くにしたがって、受験生が塾に来て勉強に取り組む時間が増えています。いいですね、教室にいい感じの緊張感が漂っています。


それを感じ取るのは僕らだけではないようで、心なしか非受験生のみんなもいい顔つきになってきたような。気のせいかもしれませんが、受験生のみんながいい雰囲気を作ってくれているのは確かです。ありがとう。


そして、折角だからそんな雰囲気に乗っかって、非受験生の皆さんも最高にレベルアップしちゃう冬にしてしまいましょう。この冬にしておくといいこと、まとめてみました。


長いので、時間がなければ最後の章だけ読んでみて下さい。



2年生が冬にするといいこと



まずは2年生から。箇条書きで書いてみます。

  • 内申対策(学年末テストに向けて)
  • 2年生の復習(得意科目を伸ばしておく。苦手科目を潰す)
  • そして、そのために勉強の体力づくり


「新年あけましておめでとう!」から少しすると、学年末のテストがありますね。


学年末テストの対策としては、日々の復習で「その日学校で習ったことでわからない部分をなくす」ことが重要です。


難易度も上がる学年末テストに対抗するには、1月の段階では余裕を持っていなくちゃいけません。「わからないことがわからない…」なんて状態だと、学年末で点数が上がることは稀になるので、早め早めの復習をしてわからないところ潰しを心掛けましょう。


あ、内申に関してここで一つ注意点を。学年末に出てくる内申は、「2学年の内申」です。二期制でいえば「前期」「後期」、三期制でいえば「一学期」「二学期」「三学期」の総合的な成績になりますので、「後期」や「三学期」だけの成績ではないことを承知しておきましょう。


つまり、良くも悪くも大きく変わることはそんなにないということです。もちろん学年末テストに向けて必死で頑張るんですが、ぐーんと成績を上げたいなら、三年生の頭が狙い目です。


例えば数学なら、三度計算単元がやってきますから、この冬から春にかけてしっかり計算練習ができれば、一気に得点アップが狙えますからね。その「ぐーんとアップ」が狙えるように、今の時期は現在学校でやっている内容だけではなくて、計算練習なども併せて行いましょう。具体的な方法については後ほど説明します。


加えて、上位校を狙うレベルの子たちは、受験も見据えて虎視眈々と準備を進めましょう。科目を絞って内容を固めておくのです。


特に、上位層で差がつきにくい英語や数学はこの時期に今までの内容の底上げをしておくと安心です。具体的には、各単元や文法を振り返ってみて、説明できるレベルにあることが望ましいでしょう。


「2年生は受験生です」とおっしゃる先生もいます。意識を高めて、勉強量を増やしましょう。



1年生が冬にするといいこと



これまた箇条書きで。

  • 復習
  • 予習
  • 実力養成
  • そして、そのために勉強の体力づくり


受験に必要な内申は二年生からのものですが、もちろん一年生の成績がどうでもいいということではありません。


ただ、一年生の間は最悪「なるほど、こうやったらこの内申がつくんだな」程度に成績のシステムが理解できればいいでしょう。


それよりも、たしかな実力を身につけておくことが大切です。


特に積み重ね科目である数学や英語は、一年生の内容があやしければ、二年生以降は間違いなく爆発します。ここでしっかりと固めておかねばなりません。


実力養成については方法など後ほどじっくり説明します。


そうです、ここからが本題です。



勉強の体力づくりとは



はい、二年生の箇条書きにも一年生の箇条書きにも存在していた「勉強の体力づくり」のお話です。


予習でも復習でも実力養成でも何でも、とにかくまずは「勉強の体力」がなければ始まりません。「勉強の体力」とは、端的にいえば、長く勉強できる力のことです。


これがないと何をやろうにも結局中途半端になってしまいます。逆にこれがあれば、隙間時間も活用できるようになり、効率も良くなります。


そういえば、先日こんなツイートをしました。

そう、もちろん受験生にとってもこの「勉強する体力」は大切です。受験には絶対に必要なんだから、今のうちにつけておこうぜってことです。


冬休みや部活動の時間も短くなる今の時期は、勉強量を増やし、この「勉強の体力」を鍛えるチャンスです。


「勉強の体力」は本物の筋力や体力と同様、負荷をかけて育てるしかありません。イメージ通り、すぐに伸びることもありません。地道にコツコツ鍛えていくしかないのです。


コツコツコツコツ。コツコツコツコツ。ひたすら、コツコツコツコツ。まずはこれに慣れなくては。慣れるには、やらねば。とにかくまずはこの冬に、かつてないほど長く勉強する時間を設けましょう。


大丈夫。最初は「うわっ」と思う長時間の勉強も、人間の適応力ってすごくて、慣れるんです。嘘だと思うなら、やってごらんなさい。それは能力じゃなくて、やるかやらないかだよ。


わかっているとは思いますが、もちろんダラダラ長時間やるのを勧めているわけではありません。集中力の限界にチャレンジして、それをちょっとずつ伸ばす勉強をしろということです。ダラダラしてちゃ意味はありません。必要ならば、誰かに監督してもらうのが良いでしょう。僕が手を挙げてます。


最後に、その際のオススメの勉強の中身についてもお伝えしておきますね。


各学年の内容でも触れましたが、どちらの学年においても共通でオススメしたいことがあります。


それは、折角「勉強の体力」をつけるためにコツコツコツコツやるのですから、コツコツコツコツやると大きな力になるもの。


そう、単語や計算や漢字や語彙を学び、毎日簡単なテストをやることがオススメです。ここでそれらが習慣になると、強いです。


特に語彙、言葉を知ると言うことは、学力を伸ばすにはものすごく大切です。

嘘だと思って、この4つを少ない数でも三ヶ月続けられたら、ほとんど必ず成績は伸びるんじゃないかな。言い過ぎかな。


暗記というのは基本結局繰り返しですから、早めにそれを克服する習慣がつけば、それだけ内申対策や受験やその後の勉強も楽チンになります。今苦しんだ分、後が楽チンなるのです。しかも、早めにやっておいただけで倍ぐらい楽に。それで選択肢も広がるのですから、やらない手はありませんよね。


いいですか、もう一度言います。


中学1年生や2年生がこの冬につけるべきは、


勉強の体力です。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

「適応できる」人間の力を存分に利用しよう。



















「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。