実践!机の上に色んなものを出して勉強しないほうがいい理由


「机は綺麗なほうがいい」


教室長の一人がそう注意して、生徒に「なんで?」と返されていたので、これはどう答えるかなと耳を澄ませていました。その澄ませ方ったら、カントリー・ロードが流れてきそうなくらい。


そしたら、「これは、勉強犬先生(仮名)がよく言うんだけどな…」とまさかの登場。音楽が吹き飛びました。


そこからのお話は、たしかに僕が研修でもよく言う内容。そうそう、そういえばパソコンデスク前にものが溜まりやすい彼にもめっちゃ言ったお話でした。


本日はその内容を、何より僕自身が忘れないように、以下に記しておきましょう。



机の上が綺麗なほうがいい理由



突然ですが、意識と無意識というのを聞いたことがあるでしょうか。


「ない」という方は珍しいと思いますが、ここに色んな図形が書かれた一枚の紙があるので、これを使って説明しましょう。まずは中心の赤い◯をみて下さい。◯だけを見つめて下さい。


言うことをキチンと聞いてくれたなら、その◯が「意識」しているものということです。逆にそれ以外は「無意識」で確認しているものですね。


諸説ありますが、意識と無意識の割合は、3%と97%だといいます。雑に言ってしまえば、上の図で◯だけに注目していたとしても、「△や□があったなぁ」とかわかるのは無意識の働きかもしれません。


余談を続けますが、意識の力というのは、とんでもないです。


例えば、今あなたにもう一度図を見てもらいます。そうですね、3秒だけ見て下さい。見たらこの下に進みましょう。ちょっと間を空けます。







どうですか、見ましたか?


では、次の質問に答えて下さい。


「上の図でオレンジ色の△は何個あったでしょう」


どうでしょう、けっこうあやふやじゃありませんか?


でも、これが例えば最初から「オレンジ色の△の数について聞きますね」と意識させてから3秒図を見せるとどうでしょう。「おいおいバカにしないでよ」ってな感じで余裕で答えられるはずです。


意識するって、こんなにすごい力があるんです。




とまぁ、意識と無意識について長々話してしまいましたが、僕が机を綺麗にしたほうがいいと思う理由は、この意識と無意識にあります


端的に言ってしまえば、机の上に情報量が多いと、せっかく素晴らしい意識の力が散るんですよね。


お仕事をしたい&問題を解きたいのに、そこに意識が集中させられないわけです。


「いやいや、それでも俺は大丈夫!」とか時には誰かが言うけれども、そして百歩譲って意識は大丈夫だったとしたとしても、やっぱり僕は机が汚いまま何かをやるのをオススメしません。


なぜなら、無意識はまず間違いなく余計な力を取られているはずだからです


「これ、なんだ」「これ使うやつ?」「これ片付けないとまずいな」「いつやるかな」「忙しいのかな、俺」「私余裕ないのかな」みたいに、


机を片付けずにいると、ずーっと97%ぐらいの無意識が気にしなくてもいいことを気にする羽目になります。それだけで、普通にやる二倍三倍疲れます。うん、やっぱりオススメしません。


まぁ、他にも色んな理由はありそうですが、基本的に机の上には必要最低限のものだけ出してあれこれ考えることをオススメしますというお話でした。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

まぁ、もちろん個人差があることについては認めます。





「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000