【神奈川県公立高校合格発表日】人生時計のお話


本日は、

神奈川県公立高校合格発表日。



毎年、この日が来ると、

思い出すお話があります。

実際に、生徒に伝えることもありました。



それが「人生時計」というお話。



受験というのは、

その仕組み上、

必ず合格と不合格が出ます。

うちの塾生に限らず、

全受験生には合格をして欲しいところですが、

そうもいかないのが受験です。



もしも、受験で不合格になったとしても、

当たり前ですが、人生が終わるわけではありません。

しかし、本人たちは、終わってしまうような感覚に陥るものです。

そんな時に知ってほしいお話が、このお話です。



本日のテーマは、「人生を、一日に例えたら」です。






「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足、この生き物はなあに?」

スフィンクスのなぞかけは、人間の一生を一日に例えたものです。


つまり、遠い昔から、人間の一生を1日に例えるという考え方がありました。

最近では、「人生時計」という考え方があります。


人生時計は、

「自分の年齢を3で割り、その数字を24時間制の時刻に当てはめてみる」

というアイデアです。自分の人生の時刻を知ることができるわけです。


今が30歳であれば、30÷3で10時、つまり午前10時です。

実はまだ午前中なのですね。


ちょっと前まで、定年年齢として多かった60歳は、

60÷3で20時、午後8時ですから、仕事を終えて家に帰っても良い時間です。


現在の定年年齢である65歳では、65÷3で21時半、午後9時半にあたります。

ちょっとした残業という感じでしょうか。多少、疲れても当然です。


高校受験を終えた、15歳の若者たちの「人生時計」は朝5時を指しています。

夜明け前。まだまだここから何でもできる。どこへでも行ける。

人生は、まだまだ続いていくのです。






ゴールは、新しいスタートにもなります。

さぁ、あなたの人生はまだまだこれからです!



HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000