ボールペンに名前が入ったお話


吾輩は犬である。名前はまだ無い。


いや、あった、あった。我輩は勉強犬という。


そんな勉強犬の名が入ったボールペンを、


エコール螢田教室の富田先生からいただいた。嬉しい。素直にとっても嬉しい。


まず、ボールペン自体の魅力が素晴らしい。3色ボールペンだが、スマート。書き心地がとってもいい。


自他共に認める文房具好きの富田先生が一押しということだから、そもそも心配はしていなかったのだが、ほらこう言うのって個人差があるじゃん、だから実際に自分で描くまでは多少なりともドキドキしていた。


秒で思い知る。そんなドキドキは不要だった。書いてすぐわかった。これは、間違いない。


流れる水の如く、滑らかで心地よいその筆感は、早くも癖になりそうである。


さらに、色を変えようとノックする際のスムーズさも最高。僕の手にも、空気にもやさしい感じ。ということは、僕の周りの人や辺りの自然にもやさしいってことだ。ってことは、地球にもやさしいってこと?


一瞬「?」が頭に浮かんだあなたも戻ってきてほしい。大切なのはここからだ。


ボールペン自体の魅力もさることながら、この「名前入り」というのがなんとも素晴らしい。もう愛着MAXである。


名前というのは不思議なものだ。ただの文字の組み合わせで、ともすれば「かごがいぎょら」も「たまとうじゃな」も「べんきょうけん」も同じ6文字の響きなのに、やっぱり「べんきょうけん」に注目してしまう。


繰り返し、繰り返し、使うことで自分の中でどんどん大切になっていく言葉。そうやって、大切なものに宿る何かを、言霊というのかもしれない。


これを踏まえて、なかなか大切にできなそうなものにも、繰り返し呼べる名前をつけてみると、大切にできるかもと思った。勉強や何かに応用できるかもしれない。


そして、更に素晴らしいのは、そのお心遣いである。


「贈り物をどれにしようかなって考えているときって、贈る相手のことを考えているってことでしょ。それって、その考えてくれた時間分もプレゼントになるよね」


と誰かが言っていた気がするが、まさしくその通りである。


富田先生。素敵なボールペンだけでなく、名前まで入れてくださって、そのお気持ちや考える時間も含めて、本当にありがとうございます。大切に使っていきます。


また、今回開業にあたり、本当に多くの方々から温かいギフトやお言葉をいただきました。この場を借りて、改めて御礼です。本当にありがとうございます。


お陰様で、日々日々頑張れます!そんな感謝のお話でした。


ありがたいありがたい。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

ある猫はそう言いながら極楽浄土に行くけれど、犬はしばらく現実で幸福を噛み締めます。











「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000