やる気がでないときにやること


どうでしょう、画像から出る「やる気でない感」、伝わるでしょうか。


毎日ブログを書いている僕ですが、そりゃ当然「うーん、今日は何も書くことがない。どうしよう。あー、書く気でない」という日があります。


「休めばいいじゃん」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、ポイントは「やりたい気持ちもどこかにある」ということです。こいつをどこかから引っ張り出してくれば話は早いのですが、調子が悪い時はなかなか出てきてくれません。どこに隠れているのか、皆目見当もつきません。


そこで僕がするのは、掃除です。一箇所場所を決めてとことん綺麗にします。ピカピカにします。あら不思議、すっきりしたあと、気力が戻ってきています。


またある日は、散歩です。歩いているとアイディアがふと思いつきます。早く書きたくてたまらなくなります。楽勝ですね。


あとは例えば、筋トレです。辛いですが、なんだか頑張ったなぁという達成感の後、書こうかなという気持ちが蘇ってきます。


他にも色々あるのですが、僕の日常なんて誰も興味がないと思うので、結論から参ります。


やる気が出ない時の対処法、それは、


「能動的に何かをすること」です。


やる気は何かやれば出る、とよく言いますが、更なるポイントは「能動的に」というやつです。なんでもやらされるとなかなかやる気は出てきません。あと、受動的にテレビとかみててもやっぱりやる気はなかなか出てこないです。


能動的に」何かしよう。それがやる気の扉を開ける最善の方法です。試してみて!


まぁ、やる気でやるってことはやっぱり長くは続かないので、やる気がなくてもやる仕組みができたら一番なんですけどね。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

記事、こんな長さがちょうどいいという方が多いらしい。







「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000