あとでバタバタしないように今バタバタするのさ


「少し先を見て行動する」


ビビリ症の僕にとって、それはすごく大事なことです。緊張しいでアドリブに弱いから、しっかりガッツリ準備したいのです。


少し先を見て行動することで、パフォーマンスが上がる実感があるんです。逆に準備なしで臨むと頭が真っ白になっちゃったりします。


きっと、待ち合わせに早く行きすぎるのも、その考え方の影響なんだと解釈しています。


ですから、何かをやっている最中よりも、その前にだいぶバタバタするわけです。そのバタバタも好きじゃないから、なるべく早めにやってバタバタを軽減し、余裕を持った行動を心掛けているわけですね。我ながら面倒臭い性格です。


あとでバタバタしないように、前もってバタバタする。


でもこれが僕のやりやすい闘い方なんだろうなぁと実感しています。


たまに生徒にもこの考え方を持っている子がいて、意気投合します。すると話は早いです。早め早めの準備を心掛けて、念入りに理解定着を繰り返すので、テストや入試でも安定した点数を取ってきます。


逆に今を生きているようなタイプにそんな話をすると「?」みたいなぽかーんとした顔をされます。


「バタバタするかどうかなんてその時になってみないとわかんないから、前もってバタバタするだけ損じゃん」なんて言われることもあります。考え方って色々です。


それでも、それが必要そうな子に、僕は言い続けるのです。


「今のバタバタが、いつかの君を必ず助けるよ」


だから、精一杯バタバタしよう。バタバタすることは悪いことじゃない。バタバタしたらバタバタした分、バタバタした人は成長するし、未来では楽できるかも。


わかってくれるといいです。


バタバタ言いすぎて口が乾きます。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

ヒロシです。ではないです。





「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000