【後半ネタバレあり】トイストーリー4の感想から学ぶ


「あなたはまだ本当のトイストーリーを知らない」


こんなキャッチにつられて、まんまと見にいった僕です。


そういえばお知り合いの先生がこんなことをおっしゃっていました。僕も同感でした。


「そもそも、トイストーリーって何?」という方は、あんまりいないでしょうが、一応説明を貼っておきましょう。ほい。

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、1995年に公開されたコンピュータアニメーション、ファンタジー映画である。


そう、あのピクサーの記念すべき第一作目なんですよね。


ピクサーとしても、思い入れのある作品に違いありません。


そもそもピクサーって「語られるべき物語」がないと、安易に続編を作らないというポリシーの会社だった気がします。このポリシーすごくないですか?商業主義ではなく、「本当の感動を伝えよう」とする姿勢。だから、ピクサーの作品ってハズレがないんですよね。


塾も同じ。これだけ多くの塾がある世界の中で、きっと安易な商業主義の塾ってどんどん淘汰されていくと思うんです。いや、どんどん淘汰されていかなくちゃならないと思うんです。


生き残るのは、やっぱりそこに確かな想いのある塾。だから僕も、日々日々そうでありたいと思って頑張っています。


話がだいぶ横道に逸れましたが、そんなピクサーが作る続編ですから、トイストーリーは3で完結!という僕の想像をも超える物語が、本当のトイストーリーが、そこでは本当に展開されているのかもしれません。


ワクワクしながら劇場へ。


観終わった感想を、まだ観ていない人のために、オブラートに包みながらも、はっきり言いましょう。


さすがピクサー。賛否両論あるでしょうが、確かな「想い」を感じることができました。


ここまで1.2.3と観てきたあなたこそ、観るべき映画だと思います。お楽しみに。


下記、ネタバレ感想です。観終わった方に楽しんでいただけたら幸いです。


間をあけるために、うちのわんちゃんの画像でも貼っておきましょう。



トイストーリー4のネタバレ感想



「あなたはまだ本当のトイストーリーを知らない」


いやいや、知ってるわ、ぐらいの勢いで観にいった僕ですが、最後まで観て、ようやくその意味がわかりました。


現代は多様化の時代。考え方も、価値観も、趣味嗜好もバラバラで、古くからの当たり前や既成概念がどんどん壊されていく時代。


きっとそんな時代だからこそ、ピクサーはこの新しい物語を作ったのでしょう。


これは、オモチャが自分たちに与えられた役割の中で懸命に生き喜びを感じる物語ではない。


オモチャたちが、「人を幸せにする」という使命から脱却し、自立し、世界を広げ、新しい自分たちの生き方や幸福を見つけようとする物語。


だから、「本当のトイストーリー」なんだ。


だから、やる意味があったんだ。


ラストシーンでのウッディの選択に、「いやいや、そうじゃないだろう」と思った自分もいるし、


無性に寂しくなって悲しくなって、落ち込んだ僕もいたのだけれど、


でも、新しいトイストーリーを作るなら、あのラストシーンしかないと言える。


この映画は教えてくれる。


決められたレールなんかどこにもない。


これは君の人生だから。


こうしなくちゃいけないなんてルールはない。


それがたとえオモチャであっても。


だから、僕ら人間はきっと、もっと自由になれる。


もっと世界を広げて、なんでもできる。どこへでもいける。


そんなメッセージを、この映画は僕らにくれるんだ。


最後に、ウッディとバズはこう言った。


「無限の彼方へ、さぁいくぞ」


次は、僕らの番だ。




さぁ、いこう。




本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

彼らは僕らに言ってるんだ。今がその時だと。



「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000