近くから見たり、遠くから見たりすること


同じものでもね、


近くから見たり、遠くから見たりすると、


違って見えたりすることがあるんだよ。


主観と客観とか、具体と抽象とか、いろいろな名前がついているけれど、


なにもそんなに難しいことじゃない。


近くてきつかったら離れてみよう。


近くて見えづらかったら離れてみよう。


近くて分かりづらかったら離れてみよう。


遠い方がよく見えそうだと思ったら離れてみよう。


逆に、


もっと知りたいと思ったら近づいてみよう。


見たことないなって思ったら(身の危険を感じない程度に)近づいてみよう。


何かしたいと思えたら近づいてみよう。


近い方が楽しそうだと思ったら近づいてみよう。


君のいるべき場所や手に入れたいものは、


いつも、君が選べるんだから、


何かよくわからないものに縛られて、そのことを忘れちゃダメだよ。


人や物や学びとの関係はさ、


君の「ちょうどいい」で選べるんだから。


それに、正解はひとつじゃないから、


時と場合と気分によって、いろいろ変えてみてもいいしね。




本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

広い世界のどこにも、定位置なんて決まってやしない。







「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000