生徒とキャッチボールをした日


照りつける太陽に、響く蝉の声。


空を舞う白球は、無事に僕のグローブへと着地した。


「いい球でしょ」と笑う生徒。他の生徒からは、「ナイスボール」の声。


太陽の下、僕らは笑いあった。そしてまた投球動作から放たれるボール。


僕らは、そんな風にただ捕ったり投げたりを繰り返しながら、


だけど、ただの白球以上の何かを交わしていたんだと思う。


夏の日の思い出。







なんて、青春物語みたいに綴ってみました。


実際は、軽いキャッチボールでしたが、灼熱の太陽にやられておっさん死にそうでした。


でも、楽しかった。こんな日が来るなんて思ってなかったなぁ。


お昼休みに、生徒とキャッチボール。息子とキャッチボールよりレアかもしれない。


一緒にやってくれた小6と中3の生徒たちに感謝です。


最近、ワードウルフなどを通して塾生の中が縮まっているのは嬉しい限り。うちは11個の中学校、5つの小学校から来ているから、知らないもの同士も多いのだけれど、休憩時間にお互いの名前を呼びあっていたりするのを見ると、少し嬉しくなりますね。


みんなチャイムからの切り替えもお見事で、「やるときはやる。遊ぶときは遊ぶ」の精神、大人の僕が驚くほどです。


素敵な生徒たちに出会えたことに、感謝。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

勉強もいいけど、適度な運動も大事ね。「適度」なね。







「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000