ワードバスケットというゲームにハマったお話をしりとりで説明しよう


うちの教室で最近流行っているのは、休憩時間にする生徒たちとのゲーム対決。


ついつい熱中して本気でやってしまいますが、楽しみながら語彙や思考力が鍛えられるなら万々歳だよね。


「ねぇねぇ、そういうゲーム、ワードウルフの他にはないの?」と訊かれたので、本日は新しい学びゲーム「ワードバスケット」を紹介していこうと思う。


嘘みたいな話だが、今回は「しりとり」であるワードバスケットにちなんで、しりとり形式で記事を書いていこう。


うん、というか実はもう書いている。


ルンルン気分で書き出したのだが、途中で気づいた。「だ、大丈夫かな…な、なんかこれ、意外と難しいぞ」。そういうわけで、所々語尾や不自然な部分も出てくると思うが、心していただきたい。


いの一番にお伝えしたいのは、このゲームのルールである。るーるるるるると歌っていても始まらない。いの一番にと言ったのだから、いの一番にご紹介しよう。嘘はつかない。


いの一番のルール説明はいかがだっただろうか。解説が必要ないぐらい、とってもシンプルなルールだったよね。念の為、この画像も載せておきます。


スピード感がすごいときもあれば、みんなで沈黙するタイミングもあるのがこのゲーム。「む」とか出たとき困るんだよね。


「ねぇねぇ、もう私何も出せない」ってときはリセットも可。解答者にあまりにも差がある場合は、ハンデとして、2文字からオッケーとか、レベルが高い人を4文字以上縛りにすると調整ができるよ。


よーく見て、これがカードたち。


ちょっとしかないけど、特殊カードもあり。


リーズナブルなお値段も魅力的。


キラキラ宙空に浮かびながら、「早く僕を見つけて!」と待ちかねている言葉たちの様子が想像できる、かつてなく盛り上がるしりとりゲームです。スーパー楽しいぜ!


先生でも子どもでもおじいちゃんでもおばあちゃんでも、絶対に一度はやったことがある「しりとり」がベースだから、何回かやればすぐ慣れるしね。眠気も吹き飛びます!


すごいオススメ。


滅茶苦茶忙しい中、本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

すみません、こんな感じになってしまいました。









「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000