勉強ができないという子に贈る4つの言葉「覚えて、解いて、間違い見つけて、調べる」


こんにちは、勉強犬です。趣味は碁です。


はい、いきなりですが、このお仕事をしていると、「勉強の仕方がよくわからない」という声をよく聞きます。Twitterでも色んな先生が呟かれていましたが、その多くが「勉強の仕方はなんとなくわかっているけれど、やってない」に近いんじゃないでしょうか。


大人で言えば、ダイエットみたいなもんです。走ればいいんでしょ、自転車乗ればいいんでしょ、食事制限すればいいんでしょ、わかってるでしょ、でもできない。これ、僕のことです。勉強もこんな感じだと思うんですよね。



この打開策は、やること以外にありません。いきなりできるようになる!みたいな魔法はないのです。


自分のスタート地点からコツコツ前へ進んでいけば、成功体験が増えてきて、心の力も強まって、どんどん難しい問題にチャレンジできるようになります。最初は軽いジョギングからでいい。だんだん距離や時間を伸ばしていけばいいのです。ね、私。


おっと、勉強の話でした。では本日は、じゃあいざ始めようとした時のシンプルな勉強の仕方を説明していきましょう。


伝えたいことは、たった4つの合言葉。


それがこちらです。


ね、シンプルイズベスト。


「勉強の仕方がわからない」というあなたに、やって欲しいことはこの4つ!



「覚えて、解いて、間違いを見つけて、調べる」



どうでしょう。細かいことは抜きにして、この一連の流れが成長の過程になるわけです。はい、もう一回!



「覚えて、解いて、間違いを見つけて、調べる」



声が小さい!はい!もう一回!



…え?もういいですか?では早速目の前に「やるもの」を準備して、この4つを実践してみましょう。


まずは「覚える」からですかね。ん?もう最初から何言ってるかわけわからなくて「覚える」こともできないって?でしたら、もうちょっと前の学年のものに戻りましょう。焦らない、焦らない。自分が理解できているところまで戻って、成功体験を積み重ねながら、強くなった自分で戻ってくればいいのです。スタートラインは人それぞれですから。


ちなみに、各行程をもうちょっと詳しく書くとこんな感じ。この黄色い部分とかは今ノリノリで書いたから、今後少し変わるかもしれません。でも、これだと文字多めかなぁ。



覚える


  • スピーディーに繰り返しやること
  • 思い出す練習をすること
  • 脳みその仕組みをうまく使うこと



解く


  • 本気でやること
  • なるべく本番みたいにやること
  • 失敗を恐れないこと




間違いを見つける


  • 可視化できるように間違いにはチェックを入れること
  • 重要なポイントなので正確にやること
  • 自分一人でできるかどうか疑わしい場合もチェックしておくこと
  • 間違いは悪いことじゃなくて成長の糧、宝物だと思っておくこと



調べる


  • なるべくなら自力で調べるのが望ましい(記憶にも残りやすい)
  • なぜ?を追求できるといい
  • もちろん不明点は先生にどんどん聞こう。使えるものは使う精神大事。



注意点


  • 4つを同時にはやらないこと
  • 一つ一つに時間をかけるのは悪くないがなるべく間を開けない




ざっとまとめてみましたが、ここから追記していくかもしれません。


何にせよ、やってもやってもやっても成果が出ないってのが可哀想ですからね。勉強の仕方を頭に入れて、あとはとにかくやるのみです。もう一回言いましょう。



「覚えて、解いて、間違いを見つけて、調べる」



あとは繰り返しや!



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

一人一人に合った伝え方を模索するから、個別指導。やさしすぎず、嫌になっちゃうほど厳しすぎず。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000