苦手意識を持たない方がいい理由を心理学的に説明してみよう


こんにちは、意外とパリピ系が苦手です、勉強犬です。


本日は、「苦手意識がなぜいけないのか」についてのお話です。こればっかりはね、映像の方が分かりやすいと思って、持てる力のすべてを使って、動画を撮ってみました。



おいおい、持ってる力それだけかい、と思った方。へこむので、口に出さないように。まぁ、だんだん上手くなってくると思いますよ、きっとね。


「それよりも絵のクオリティ大丈夫か?」と心配された方、大丈夫です。わざとPOPに描いているだけです。あなたがそう信じてくだされば、みんな平和です。


一応動画が見れない環境にいる方のために、要点をまとめておきましょう。


  • 意識の力はすごい(意識しているものは目に入る)
  • 無意識の力もすごい(氷山の説明)
  • 無意識は知らない間にも働いている(ファーストフード店の例・無意識活用法)
  • 苦手意識があると、意識も無意識も遠ざけたり余計にパワーをかけたりする
  • だから、苦手意識のあるものはうまくならないし、やると疲れる


「苦手だ…」と思うと、脳も「あ、これ苦手にしなきゃ」とわざわざ余計にパワーをかけたり、遠ざけようとするんですよね。だから、勉強において、苦手意識は極力持たない方がいいわけです。


苦手意識が増えてしまうと、勉強が嫌いになっちゃうことも多いですからね。もちろん、一度持った苦手意識を自身で克服する経験などは、人生において大いに役立ちますけどね。


ずばり、苦手意識を持たない方がいい理由は、



余計なパワーと時間がかかるから



です。


ちなみに、無意識については、その活用法を以前にも記事にしていますね。意外と読まれている記事ですので、ご興味あれば是非。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

それが避けられるものなら、苦手を見つけるのは悪いことじゃないけどね。



「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000