パナソニック発の素数アプリ「プライムスマッシュ」は数字の神秘に触れる新感覚のゲーム!


こんにちは、勉強犬です。


突然ですけど、素数って魅力的ですよね。素数って聞くと、『博士の愛した数式』を思い出しちゃいますよね。響きは似ているけれど、ソースのことは思い出しませんよね。僕は目玉焼きは醤油派です。


さて、ここでおさらい。素数とは「1とその数以外に約数をもたない数」のことです。


例えば、2とか3とか5とか7とか11とか3571とかのことです。6や8や7600は、他の数でも割れるので素数ではありません。


数えていって、未だに素数がどういう順番で出てくるか、素数の法則ってわかっていないんですよね。身近だけど、なんだか遠い存在。だからこそ、魅力的なのかもしれません。こんなこと書くと偶数や奇数が怒りそうですが。


本日は、そんな素数をテーマとしたゲームのご紹介です。なんと、あのパナソニックさんの作品です。


え、パナソニックをご存知ない?そんな方のためにここから3文使って簡単にパナソニックの説明をしたいと思います。設立は1935年、元は松下電器で創業者はかの有名な松下幸之助。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位の売上高を誇る一部上場企業。うちの空気清浄機もパナソニック。いかがでしょうか。伝わりましたか?


さて、そんなパナソニックさんが開発したアプリゲームが、この『プライムスマッシュ』。


ゲームを始めると、この画面。


ゲームスタートすると、モードを選べます。初めての方はビギナーから参戦しましょう。


ゲームのルールは簡単。


素数だったらタップ。素数じゃなかったら、指で切る感じで、素数に分けていきます。言葉だけじゃイメージしにくいでしょうから、ゲーム中決死の覚悟で撮影した衝撃の映像をご覧ください。



ね、面白そうでしょ。


そして、このアプリの魅力は、ゲームだけではありません。無料でついているコラムがとっても魅力的なんです。もっと増やして欲しいぐらい。



ね、素数についての説明や歴史がわかりやすく解説されています。


回文素数や双子素数、素数の見分け方やリーマン予想など、なんとなーく興味があったり聞いたことあるような内容が載っているので、読み物として楽しめますよ。


素数が世の中でどんな風に活躍しているのかも教えてくれます。



素数、頑張ってるね!


つまり、このブログも素数に守られながら運営させてもらっているということですね。素数に感謝。その感謝を忘れずに、ゲームでガンガン見つけていきたいと思います。


さぁ、一緒にプライムスマッシュしようぜ!


ちなみに、このアプリで数字や数学に興味を持った方には、こんな施設もオススメです。


パナソニックが運営する「リスーピア」。自然に潜む算数や数学の美しさ。身近なくらしの中にある理科の面白さ。そんな理数の魅力とふれあうための体感型ミュージアムです。


これはワクワク。東京とベトナムにあるみたいなので、まずは東京の有明の方に訪れてみたいと思います。施設内の隣には任天堂のゲームを大迫力で体感できるブースもある様子。


ご家族で楽しめるスポットのようなので、ぜひ。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

素数アプリ、生徒も楽しそうにやっていました。



「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。