勉強が苦手なら、まずは勉強の体力をつけよう


こんにちは、勉強犬です。


突然ですが、今日は体力のお話をしましょう。そうです、あの体力です。走る時とかによく使うやつです。ウィキペディアさんには、「体力とは生命活動に必要な運動能力のことである」と書かれています。意外と難しいですね。僕もよく散歩をするので体力には自信があります。


遠くまで行くには体力が必要です。ハードなトレーニングをする時にも。あと、あのね、前へ進もうと思ってグッと力を入れた時に、「こらこら、行くな」とリードを引っ張られるのって、めっちゃ体力消費するんですよ。あとね、エサの匂いを醸し出されながら散歩するってのも、意外と体力消耗するんです、気になっちゃってね。犬目線のコメントですみません。


ただ、これだけ話しておいて、今日はただの体力の話ではありません。タイトルでネタバレしちゃってますが、そう、今日したいのは勉強の体力のお話です。


もう字面で想像できますか?勉強の体力、すなわち勉強する時に使うエネルギーみたいなものです。暗記したり問題解いたりすると減っていきます。集中力や意志力なんかと似た意味かもしれません。


端的に言いましょう。勉強ができる人というのは、豊富な勉強の体力を持っています。


体力の使い方が上手いというのもあるんですが、それにしてもちょっとやそっとじゃなくならないほどの勉強の体力を持っています。


逆に、勉強が苦手な子は、この勉強の体力が少ない子が多いです。ちょっとやると疲れてしまう。頭がショートしちゃう。座っていられない。誘惑に負けてしまう。トイレいっぱい行く。


そんな子が一念発起していくら勉強頑張ろう!と思っても、すぐにはなかなかうまくいかないのは、なんとなく想像できますよね。でもね、安心してください。


勉強の体力は、日々のトレーニングで鍛えられます。つまり、勉強ができる人というのは、今までの日々のトレーニングで勉強の体力を鍛えてきた人たちということですね。


え?勉強の体力、どうやって鍛えるのかって?簡単です。勉強をするんです。


勉強をすればするだけ、勉強の体力は増えていきます。勉強の中身というよりは、頭を働かせること自体が大切なんですかね。とにかく、自分がイメージする勉強をやってみてください。実は、勉強以外のことでも、例えば遊びや体験の中でも勉強の体力は増やせるのですが、それはまた別のお話。


特に勉強の苦手な子の場合は、科目を絞って勉強するといいです。あれもこれもは体力を無駄に使ってしまいます。無駄遣いすると体力の容量が少ない分すぐバテちゃって、一科目ずつが効果的な勉強になり得ません。できえば1科目に絞って勉強しましょう。


すると、少しずつ体力がついてきて長時間勉強できるようになりますし、エネルギーを集中している分その科目での「やったらできた!」という成功体験も増えるので、それを通じて勉強への負の感情も消しやすいです。


あと大事なのは、焦らないこと。イメージつきますよね。勉強の体力を増やすには地道な努力と時間が必要ですから、どうか本人も周りの方々も焦らないでくださいね。


マラソン始めようと思っても、いきなり42.195キロは走れないのと一緒。徐々に慣らしていきましょう。初めは3キロ。次は5キロ。慣れてきたら10キロ。無理をするとどこか痛めて嫌いになっちゃいます。勉強も同じです。


遠くまで行くには体力が必要です。ハードなトレーニングをする時にも。あと、あのね、前へ進もうと思ってグッと力を入れた時に、「ああだこうだ」と誰かから邪魔されるのって、めっちゃ体力消費するんですよ。あとね、誘惑されるものを身近において勉強するってのも、意外と体力消耗するんです、気になっちゃってね。今回はちゃんと人目線。


コツコツコツコツ。一歩一歩一歩一歩。


まずは勉強の体力を増やすところから始めてみませんか。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

使わないとすぐに落ちるのも体力。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。