「第二の家」が「第一の家」っぽくなる期間の中で


「先生、自分んちにいるよりここにいる時間の方が長いから、もうここが第一の家だね」


「第二の家」がコンセプトの当塾で、夏も冬も講習期間に生徒たちからよく出る言葉の一つです。もちろん違うことはわかってますが、嬉しい言葉の一つですね。


家より塾にいる時間の方が長い。塾あるあるというやつです。朝から晩まで、もしくはそのどこかからどこかまででも、頑張る生徒たちは当塾の誇りでもあります。


さらに、この冬から「オンライン自習室」も稼働したので、自宅でガツガツ頑張って、毎日報告をくれる生徒もいます。こちらは「第一の家」逆転現象が起こるわけではないのですが、日々日々頑張っていることに変わりはありません。


何処にいてもいつも「実家」が「実家」であるように、何処で勉強していても「第二の家」はあなたの「第二の家」で、味方です。


僕らはちゃんとつながっている。一緒に頑張っている。それをチェックできる仕組みがあることも、今の時代の素晴らしさですね。


さぁ、各々にとって大事な冬の期間です。


いつか、この冬を振り返ったときに、自分自身が胸を張って「当時の自分史上最高に頑張った」と言える冬にしましょう。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

ちょいとバタバタで短めで。このぐらいの長さの方がいいという説もあり。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。