関係者に届いて欲しい高校出願のこと

ちょうど先ほど、ツイッターでこんなやりとりをさせていただきました。

このことがどうかというより、もうこの令和の時代、このシステム自体を見直すべきだと思うんですよね。

この寒い中で、しかも風邪とかインフルとか流行る時期に大勢で並んで出願って、明らかに時代が違うでしょう。

学校によっては、暖かくした待機室などを用意してくれるところもあるようですが、県全体でもっと子ども達の為にお金をかけてもいいような気がします。もちろん今すぐにというわけじゃないですが、大学入試のようにネット出願にすることだってできなくないでしょう。

ひいてはそれが、中学校や高校の先生たちの為にもなると思うんです。書類手書きで書くとか、大変じゃないですか。もうネット使いましょう。

どこに言ったらいいかわからなかったので、ブログに書いてみました。

お願いします、偉い人。


(ここから追記)


と書いたら、素敵な方々からメッセージなどの反応をいただきました。

子どもたちの為にという志は一緒なんだと嬉しくなりました。

ありがとうございました。

本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。
これぞ呟き。


「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。