2020年度(令和2年度)神奈川県公立高校入試の正答率や平均点などが公表されたので見方を説明していきます



今年もこの時期がやってきましたね。


本日は全日制の受験データを一緒に見ていきましょう。データ自体はこちらのリンクから確認することができます。


まずは一枚目。出題の狙いについてです。



2020年度高校入試 出題の狙い


赤線を引いたところが昨年からの主な変更点です。内容見ても分かる通り、特段大きな変更点はないのですが、数学は問題を見た瞬間に驚かれた受験生も多いのではないでしょうか。


次に平均点を見ていきましょう。



2020年度高校入試 平均点


こちら、「合格者」の平均点です。合格者平均点5教科の合計は288.3点。


昨年が

英語 49.8

国語 59.1

数学 50.3

理科 61.3

社会 42.5

の計263.0ですから、20点以上も差があるんですね。教科ごとで見ても、英語と理科が多少下がっている割に社会がドーンとアップしています。全体的には易しくなったと言ってもいいでしょう。上位層は差がつきにくくなりますが、その分特色検査が厄介でしたからね。



2020年度高校入試 教科別得点分布



続いて、各教科の得点分布です。何点とった人がどれぐらいいるかという表ですね。


偏差値別の得点分布と照らし合わせて見てみると興味深いですね。やはりできる人とできない人の差がつく英語と差がつかない数学という構図は、今年度多少の緩和はありましたけど、この先も続いていくんでしょうね。


最後は、各教科の問題の正答率を見ていきましょう。



2020年度高校入試 正答率




各教科の細かい分析は、また今年も図を作ろうと思うのでその際にしていければと思います。


ただ、やっぱり注目の数学だけはじっくり見てみましょう。以下の昨年の図と比較するとよくわかります。


昨年の数学は正答率が10%を切る「みんなできない問題」が多く、できる人とできない人の差がつきにくかったんですよね。上記の通り、今年もその傾向はありますが、「みんなできない問題」の数が3つと減った分、できる人とできない人の差がちょっとだけ広がりました。それにしても今年の大問6のウ、正答率0.5%の問題ってやばいですね。時間が足りなかったことが大きな要因でしょうか。


どんな問題か確認したい方はこちらへどうぞ。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

ここからいろんな角度から中身を見ていきたいと思います。


「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。