入学金納入を待ってくれる私立高校2022最新版。私立受験のお金の話延納措置編


お金って大切です。そして、それについてよく知ることは、もっと大切です。


というわけで今回からいくつかのシリーズで「私立高校のお金の話」をしていきたいと思います。第一弾は「延納措置」について。


そもそも「延納措置」とは、その私立校を併願(他を第一志望)した際に、入学金などを待ってくれる仕組みのことです。


公立高校第一志望、併願(滑り止め)で私立高校受験というパターンが多い神奈川県では、この仕組みは非常に重要です。併願私立高校の多くが2月10日受験日で、11日か12日には合格を発表します。つまり、2月14日の公立高校受検を前に、私立高校の合否がわかるわけです。


神奈川県のシステムの場合、「滑り止め」で受験する私立高校に落ちることはそうありません。 公立よりも先に合格が決まった私立では、その後の手続きをしなければならないのですが、その際にかかるお金を公立高校の合否発表後まで全額もしくは一部延納してくれるよ、というのが本日のテーマとなる制度になります。


詳しい私立高校の入試の仕組みについてはこちらの記事をご覧ください。


それでは中身を見ていきましょう。



入学金全納待ってくれる私立高校



入学金納入を待ってくれる高校は以下の41校です。


  • 白鵬女子高
  • 聖ヨゼフ学園高
  • 橘学苑高
  • 鶴見大学附属高
  • 法政大学国際高
  • 横浜創英高
  • 捜真女学校高等学部
  • 横浜清風高
  • 横浜学園高
  • 関東学院六浦高
  • 横浜高
  • 横浜創学館高
  • 英理女子学院高
  • 武相高
  • 横浜商科大学高
  • 横浜富士見丘学園高
  • 横浜翠陵高
  • 横浜隼人高
  • 大西学園高
  • 法政大学第二高
  • 相模女子大学高等部
  • 相模原高
  • 湘南学院高
  • 三浦学苑高
  • 緑ヶ丘女子高
  • 横須賀学院高
  • 北鎌倉女子学園高
  • 鎌倉女子大学高等部
  • 鵠沼高
  • 湘南工科大学附属高
  • 藤嶺学園藤沢高
  • 藤沢翔陵高
  • 旭丘高
  • 相洋高
  • アレセイア湘南高
  • 聖和学院高
  • 柏木学園高
  • 聖セシリア女子高
  • 向上高
  • 立花学園高
  • 函嶺白百合学園高



一部待ってくれる私立高校(延納割合)



次に、入学金の納入を一部待ってくれる高校を見ていきましょう。()内は延納の割合です。


  • 日本大学高(56.5)
  • 星槎高(76.2)
  • 桐蔭学園高(75.0)
  • 桐光学園高(54.5)
  • 麻布大学附属高(77.3)
  • 東海大学付属相模高(70.0)
  • 平塚学園高(65.0)
  • 鎌倉学園高(40.0)
  • 日本大学藤沢高(34.8)



延納しない私立高校(山手と中大付属は公立併願積極実施)



最後に延納がない高校です。


  • 慶應義塾高
  • 山手学院高
  • 中央大学附属横浜高
  • 日本女子大学附属高
  • 慶應義塾湘南藤沢高等部


こう見ると、大学付属校や人気校は強気な印象ですね。併願校選びの参考になると良いです。


併願校選びといえば、公立に関しても私立に関しても、気になる高校があれば、説明会などでなくてもいいので、ぜひ放課後やお休みの日などに近くまで見学に行ってみましょう。素の姿を見ることができるかもしれませんよ。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

お金は大事。

「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。