成人式の日に



大人って、なんだろう。



自分のために生きるのが子どもだとしたら、

誰かのために生きるのが、大人ってことかな。



20歳って区切りは大切だけど、

もっと早く大人になる人もいれば、

まだまだ大人になりきれない人も居る。

いい悪いは別にして、人によってそのタイミングは違う。

人はどんな風に大人になっていくんだろう。



大人になるには、沢山の困難に出会うことが必要だと思う。



多くの困難に出会った人は、そしてそれを乗り越えてきた人は、

やっぱり人に優しくなれるのかも。

人の為に、が考えられるようになるのかも。

今多くの会社が新卒に求める「問題解決能力」ってやつも、

実際に困難を乗り越えてきた人が身につけるものだよね。

子ども達が、困難に出会って、大人になっていく。



困難に出会うためには、多くのことに挑戦しなくちゃならない。

多くの人に出会って、多くのことを知って、多くのものを見て、多くの気持ちを見つけて、

色んな事をやってみたり、成功や失敗や理不尽や、自分じゃどうしようもない経験をしたり。

苦手や嫌いすら、大人になるための材料になる。

そう考えると、受験勉強だって立派な大人の階段だね。



今君に目の前にある困難は、大人への近道だ。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

私事ですが、大人が増えたこの日を前に、カッコイイ大人だった祖父が天国へと旅立ちました。

私も精進して、いつかあんな風なカッコイイ大人になりたいと思います。合掌。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000