春は差がつく季節!勉強が苦手な子ほど予習・先回りをしたほうがいい理由


修了式の季節ですね。ということは、新年度のスタートが迫ってきています。


実は春というのは、勉強が苦手な子たちにとってチャンスの時期でもあります。


なぜなら、予習ができるから。少し勉強に自信がない子でも、自信をつけるチャンスになるのです。


例えば一番わかりやすい数学で説明をしてみましょう。


あなたが公立中学校で中学3年生になる生徒だとしますね。


2年生の終わりは図形の証明や確率と闘っていましたが、春の相手は計算になります。


ラッキー、難易度がちょっと下がります。テストで得点をしっかり取って自信を高めるチャンスです。


しかし、チャンスとはわかっていても、数学が苦手で今までの勉強に押されて余裕がない方もいるでしょう。そんな方は、優先順位を考えましょう。


これまでの復習は確かに大事ですが、次のテストで得点を取って自信をつけることのほうが大事です。


まずは3年生の新しい単元と闘うのに必要な準備だけをして、一旦図形や確率の知識は頭の奥底にしまってしまいましょう。


具体的に必要になるのは、正負の数や文字式や四則の計算などの知識です。


今は一旦、次の単元である展開・因数分解と闘うのに必要なそういった知識だけ装備しておくのです。


次に図形の証明の知識を使うのは随分先のことですからね。モヤモヤするようなら「一旦全部忘れてもいい」と割り切ってしまいましょう。本当はあまりいいことではありませんが、心と頭のリセットは大事です。


一旦荷物をすべて降ろして、新しい冒険に向けて必要なものだけをピックアップするのです。


最低限の準備で走り出してみると、どうでしょう。学校が始まって、「自分がわかっている場所をやる」という体験を得ることができます。


「わからない話を聞く」のは苦痛ですが、「わかっている話を聞く」というのは、飽きるまでは楽しいものです。姿勢が自然と良くなります。


昨年度まで寝そうになりながら授業を聞いていた生徒が、今ではこっちを見てウンウン頷きながら授業を受けている。驚いた先生からの印象も一気に良くなります。


また、先生が「問題を解いて」と指示を出した時も自信をつけるチャンスです。


予習の成果でスムーズに問題を解いて顔を上げると、まだ解き終わっていない人がいる。今までにない体験です。「え、俺できるのかも」と少しだけ胸を張れます。


「できるかも」「お、できるかも」「できるかも」


そんな575風の体験の積み重ねが、自信を創っていきます。


あれだけ嫌だった数学の復習も、「私できるかも」の気持ちが芽を出してからだと、幾分スムーズになります。


春は差がつく時期。この時期の自分に合った準備が、春以降に大きくきれいな花を咲かせることでしょう。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

さぁさぁ、最高の新年度にしようぜ。



「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。