ちょっと疲れている生徒に届いて欲しい、簡単にできる心のモヤモヤの吹っ飛ばし方


疲れていたり、イライラしたり、モヤモヤしていたり、なんだかどこか苦しかったりすると、勉強はもちろん、日常生活だってあんまりうまくはいきません。


普段できることができなくなったり、ミスが多くなったり、そもそも手が動かなかったり、いいアイディアが浮かばなくなったり。


それは子どもだけじゃなくて、大人だってそう。人間は感情の生き物ですから、心が整っていないと、ベストなパフォーマンスはできないのです。なんとなくイメージつきますよね。


「じゃあそんな時どうすればいいの!」が、本日のテーマです。学生時代は心理学を学んでいた僕が、それから塾の指導を経て実感した「お、これいいな」と思ったモヤモヤを吹き飛ばす方法を紹介していきます。参考になったなら幸いです。



心のモヤモヤのとり方



そもそも人間には、「未知のものを怖がる」性質が備わっています。


ずっとずっと昔の時代の名残でしょう。狩猟民族時代、未知のものというのは、イコール死に直結する大事です。


人間の脳は1万年前とほとんど変わっていないというお話ですから、防衛本能的に人は「未知のものを怖がる」のです。詳しくは下記の記事でも説明しています。


ですから、現代においても「未知のもの」に触れたり感じたりした場合は、人間は無意識的に警戒心や焦燥感や不安を抱えることになります。


これが、モヤモヤの正体です。


何か事が起きたとき、自分がほぼ無意識的にそこから感じた「未知のもの」。それは感情だったり、実際の事柄だったり、未来のことだったり、よくわからないことだったりします。


でも、そのほとんどは実際には未知のものでも何でもありません。脳が襲い来る危険から自分を守るために念には念を入れたガードをしているため、「未知のもの」と認定された感情や出来事のことが多いです。


ですから、対処法は簡単。自分が抱いた感情や不安やネガティブなものに、名前をつけてあげれば良いのです


「あ、私は今◯◯について怒りを感じているな。これは◯◯への怒りだ」

「ん、なんかモヤモヤすると思ったら、私は◯◯をちょっと怖がっているんだ。これは◯◯への恐れ」

「おお、自分◯◯に緊張してる!これは◯◯への緊張!」

「うーん、このモヤモヤはなんだろう。そうか、私◯◯が不安なんだきっと」


声に出しても出さなくても構いません。たとえ心の中で「未知のもの予備軍」のものに名前をつけるだけでも、それが脳の中の「未知のもの」グループから排除されて、警戒態勢がゆるくなります。すると、モヤモヤも少しだけおさまってくるでしょう。


ここでもうひと押し。名前をつけた(おおよそ)ネガティブな感情に、「私はあなただって大切にするよ。これって全然悪いことじゃないよ」というメッセージを送っておけば、脳はさらに警戒態勢をゆるめます。


そんなメーッセージを送る時の魔法の言葉が、「でも、大丈夫」。先程の名前をつけた文言の後にくっつけて記してみましょう。


「あ、私は今◯◯について怒りを感じているな。これは◯◯への怒りだ。うん、でも大丈夫」

「ん、なんかモヤモヤすると思ったら、私は◯◯をちょっと怖がっているんだ。これは◯◯への恐れ。でも、大丈夫」

「おお、自分◯◯に緊張してる!これは◯◯への緊張!でもでも、大丈夫!」

「うーん、このモヤモヤはなんだろう。そうか、私◯◯が不安なんだきっと。でも、大丈夫」



ここで重要なことは、全然大丈夫じゃなくてもまずは「でも大丈夫」と言い切ってしまうことです。それによって脳や心が落ち着きます。理由は後付で考えればいいのです。


心理学的にいえば、ツァイガルニク効果を抑えているということになるのでしょうか。ツァイガルニク効果とは「未完了課題は心に残りやすい」というもの。モヤモヤの正体をいつまでも心に残さないために、一旦区切りをつけるというわけですね。


人間生きていれば、色んな事が起こります。一つ一つに真摯に向き合うことや恐れることや不安を抱えることももちろん大事ですが、そればっかりだとやっぱり疲れてしまうから。


たまには楽をしましょう。たった名前一つでモヤモヤが晴れるなら、こんなに簡単なことはありません。


ちょっと心が弱っている、そんな時に使える裏技の紹介でした。やってみると意外と効果的かもしれませんよ。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

人に話すと落ち着いたりするのもこういった要因があるのかも。







HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000