2020年度神奈川県公立高校入試、発表された各高校の定員のまとめ


高校入試における、各高校の定員が発表となりました。


現在の中学三年生が挑む入試のお話ですね。早速目の前にいた中3の生徒にはお伝えしました(今日は本来はお休みで自習開放教室でした)。


それでは、湘南藤沢鎌倉茅ヶ崎地域を中心に、その様子を見ていきましょうか。藤沢地域、意外と変動がありましたね。


数値の詳しくは、令和2年度神奈川県公立高等学校生徒募集定員についてのページをご覧ください。


なお、ほとんどの学校に2名程度の転編入定員の枠があります。下記の募集定員と併せて、「入学定員」となることをご承知下さい。



神奈川県公立高校入試、各高校の定員



昨年から変化がある高校は、カッコ内に内容を表記しています。また、昨年の倍率も表示しています。


湘南高校       358

鎌倉高校       318

茅ヶ崎北陵高校    278

大船高校       398

七里ガ浜高校     358(398から1クラス分減) 1.28

湘南台高校      238(278から1クラス減。新しくインクルーシブ教育実践校枠21名分) 1.16

藤沢西高校      278(318から1クラス分減) 1.45

鶴嶺高校       383  帰国生15

茅ヶ崎高校      278  インクルーシブ21

深沢高校       238

藤沢清流高校     278(318から1クラス分減) 1.29

藤沢総合高校     278

茅ヶ崎西浜高校    358(398から1クラス減) 1.11

寒川高校       318(358から1クラス減) 1.00

藤沢工科高校     238

横浜翠嵐高校     358

柏陽高校       318

厚木高校       358

横浜緑ケ丘高校    278

平塚江南高校     318

希望ヶ丘高校     358

金沢高校       318



まとめと感想



ね、意外と変動がありますでしょ。


全体的に子どもの数は減っているので、定員減・クラス減する学校が多いのはわかっていましたが、想像よりも多かったですね。


この地域では、七里ガ浜・湘南台・藤沢西・藤沢清流・茅ヶ崎西浜・寒川が定員を減らしました


藤沢西は校舎の教室数の関係もあるかな。例年定員割れの寒川や、低い倍率の西浜はそのことも影響しているでしょう。湘南台は新しくインクルーシブ枠が増えたことが要因ですね。七里ヶ浜や藤沢清流は複合的な理由だと思いますが、どちらも人気高ですから、倍率に影響がありそうです。


ちなみに、七里ヶ浜と藤沢西と清流は、昨年増えた一クラス分がまた減った形です。


ただ、今まで何度もお伝えしてきているように、倍率は気にしすぎても意味がありません


倍率2倍だとしても、2人に1人は合格するわけですからね。


こんな記事を書いておいてあれですが、どんな定員でも、どんな倍率でも、「受験者の中で一番で合格するぜ」という意気込みでベストを尽くしましょう。


特に今の時期は、「定員が減ったから志望校下げようかな」という時期ではありません。そんなことを考える暇があれば、勉強して1点でも上げる、1%でも志望校に合格する率を上げる努力をしましょう。


なるべく早くということで、簡単な感想で失礼します。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

さぁ、受験意識高まる季節だ。






「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000