リメンバーミーを見て思い出したことと忘れたこと。謎を読み解く映画感想文


今年の花粉症がひどい。マスクをしていても我慢できないぐらい。そんな中、『トイ・ストーリー3』のピクサー最新作『リメンバー・ミー』を観てきました。


「え?花粉症のくだり必要?」と思ったあなた、その情報が活きてくるのはここからです。


物語の中盤から後半にかけて、僕のマスクはぐしょぐしょでした。でもそれは決して、花粉症の魔の手によるものではありませんでした。


僕のマスクを濡らしたのは、溢れてくる大量の涙です。もう止まらない。奇しくも映画館でこんなに泣いたのは、『トイ・ストーリー3』以来でした。


「リメンバー・ミー」が、「え?花粉?そんなの僕を観てれば忘れるよ」なんて言うかどうかは不明ですが、そう言ってくれたかの如く、僕に見事に忘却の魔法をかけてくれました。


今年の花粉症に勝った映画。こう言えば、この映画の凄さは伝わるでしょうか。


え?伝わらない?仕方ない。では、説明しましょう。


あ、『トイ・ストーリー』シリーズはこれね。



『リメンバー・ミー』は今すぐ生徒に見せたい映画!(ネタバレなし)





この素晴らしい映画のあらすじはこんな感じ。

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった! そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!


まずすごいのは、なんてったって映像。その美しさには終始驚きっぱなしです。


死者の国の美しさはもちろん、そこへ続くマリーゴールドの橋とか、水に濡れたパーカーの感じとか、質感の表現がすごい。あと、楽器の震えとかガイコツやワンちゃんや奇妙な精霊(アレブリヘ)たちの動きとか、もう見てるだけでも楽しい!


ストーリーはシンプルで王道。しかも、想像通りの王の中の王って感じ。わかってるけど泣いちゃう。知っているけど感動しちゃう。さすがピクサーです。


最後の最後、エンドクレジットの最後までお見逃しなきよう。「この物語を見た後にそれは反則でしょう」って感じのサプライズが待っています。どちらかというと大人向けかな。


作中に込められているメッセージも、「これを大切にしてれば戦争って起きないな」なんて思える素敵なもの。夢と家族、どっちも大切にすることってできるの?そんな問いへの、ディズニーなりの回答が、あなたに会えるのを楽しみにしています。生徒たちに見てほしい素晴らしい作品です。


会いたくなったらすぐに会えるように、家族と一緒に見に行くといいね。


うーん、今年一番の映画は『グレイテストショーマン』かと思っていたけど、甲乙つけがたい。アカデミー賞の主題歌賞は『リメンバー・ミー』が獲った様子ですが、劇中での扱われ方を見ると「確かに」という感じ。


やっぱり音楽が良い映画に外れはありません。ここからはネタバレ全開で書きたいこと書きます!



『リメンバー・ミー』の映画感想文(ネタバレあり)



『歌はなんのためにあるのか』


伝えなきゃ、伝わらないことがある。


僕らは元々、違う人間で、どんなに愛し合ったとしても、血がつながっていたとしても、すべてが同じというわけではないから。


想っていることを、信じていることを、大切にしていることを、願っていることを、ちゃんと伝えよう。生きているうちに。つながっているうちに。


映画『リメンバー・ミー』を見て、そんなことを思った。


それにしても圧巻の出来栄えだった。何より驚いたのは、オスカル&フェリペの双子がイメルダ(音楽禁止のルールを作ったミゲルの高祖母)の兄弟だったこと。割と古株!冗談です。


音楽や映像、シンプルだけど力強いストーリー、そのすべてに驚いた。お気に入りはダンテかな。やっぱり犬は犬に甘い。


あ、ダンテが精霊(アレブリヘ)になったのも驚いたけど、精霊仲間のトラみたいなペピータが、現世だと猫だったのにも驚いた、一番はこっちかな。


ちなみに、ヘクターがご先祖様設定は割と早くに気付いてしまった。そういう人は多いと思う。デラクルスのヒゲから悪役臭が出ていたのと、忘れられて消えそうになっているというところでなんとなく。ギターを持って歌った時に確信した。


でも、それがわかっても、感動になんら支障はなかった。


ココばあちゃんがとっても素敵な味を出している。ミゲルが歌い聞かせる場面、あそこで歌われたら、こちらは泣く以外の選択肢を持ち合わせていない。


ミゲルがココに歌を聞かせようとしている場面で、それを止めようとするおばあちゃんを制止したのが、お父さんだったのもよかった。みんないい人なんだよなぁ。


そういや天井に突き刺さった靴が多いことからも、なんだか賑やかな良い家族感が伝わった。登場人物がいい人ばかりって、やっぱり見ていて安心するなぁ。気持ちいい映画だった。


気持ちいいと言えば。この物語唯一といってもいい悪役、デラクルスの悪行が、あっちの世界でもこっちの世界でも暴かれたのは痛快だった。


ココばあちゃん、音楽から離れた生活を送っていたから、ヘクターからの手紙は大事に持っていたけど、デラクルスの盗作のことにも気付けなかったんだね。


それをミゲルがつないだことを考えると、改めて感動してしまう。


見えないけど、声は届かないけど、近くにいる。それが家族ってものだ。そして、それはちゃんと夢を叶えるのと同時に手に入れられる。


どちらかを捨てるんじゃなくて、どちらかをないがしろにするんじゃなくて、どっちも大切にできる。それが主人公ミゲルの出した答えだった。素晴らしかった。


幾度も響く「リメンバー・ミー」。あれはきっとお別れの歌じゃない。愛する誰かが疲れた時、寂しい時、悲しい時、弱っている時、僕を思い出してねっていう愛の歌だ。愛する人へ捧げる応援歌だ。


言葉はたった一瞬で消えてしまうけれど、メロディに乗せれば、少しだけ長くなるし、響きやすいし、広がりやすいから。言葉よりもちょっとだけ、誰かの何処かに残りやすいんだと思う。


でも、同時に、この映画を見て、改めて当たり前のことを思い知った。どんなに愛に溢れていても、どんなに幸運を願っていても、今を生きる人に、死者からの言葉は、伝えられない。


だから。


伝えなきゃ、伝わらないことがある。


僕らは元々、違う人間で、どんなに愛し合ったとしても、血がつながっていたとしても、すべてが同じというわけではないから。


想っていることを、信じているものを、大切にしていることを、願っていることを、ちゃんと伝えよう。生きているうちに。つながっているうちに。


でも、直接言葉にするのは、恥ずかしいからさ、人はそんな大切な想いを歌に乗せるんだ。


心を込めて、歌うんだ。


時間は、限られているから。


大切なあなたの中に、ほんの少しだけでも長く残り続けるために。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

いつか必ず来るお別れの前に、いつか必ず来るはじまりの話をしよう。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000