「できそう」という気持ちが人を前へ動かす


「犬でもわかる一次関数」


大層なタイトルですね。こちらは、うちで一次関数を指導する時に使う資料なのですが、もちろん勉強犬の「犬」とかけてあります。試したことはないですが、きっと本物のわんちゃんにはわかりません。


それでも、こうすることで生徒が少しでも「簡単だ」とか「何それ」と思ってくれたらしめたものです。


「●●でもわかる」という言い回しは、時にあんまり良くない言葉だと言われることもありますが、どっこいモノと言葉は使いよう。今のところ使ってみての実感値としては悪くありませんね。


当教室には、勉強がわりかし得意な子だけではなくて、なかなか自分から積極的に勉強に取り組めない子もいます。


やってもなかなかできないもの、苦手なものに取り組むのって、大人でもすごく大変ですよね。嫌ですよね。


たった言い回し一つで、そんなものへ向かう子どもたちの気持ちが少し軽くなるなら。そんな思いでつけたタイトルでした。


先日もこんな感じで記事にしています。


そして実際の一次関数も、式とグラフの意味を知って、使って、最後に「一次関数とはなんぞや」ということを掴めると、あら楽チン。ちゃんとみんなできるようになります。


「わかる」「わかる」「わかる」「うん、できそう」


そんな成功体験の積み重ねが、人が前に進むためのエネルギーになっていくんですよね。


特に勉強が苦手な子には、意識して「できそう」感を手に入れてもらうようにしています。いやいやもちろん、こちらが手助けするのは最小限ですよ。自力で掴んでもらうよう工夫しています。


自分で手に入れるからこそ、価値があるからね。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

心の力を蓄えるって、大人も子どもも大事なんだよ。



「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。