神奈川県私立高校学費ランキング2020(令和2年度)版


以前、『神奈川県私立高校学費ランキング』を実施しました。


あれから随分と時間が経ってしまいましたので、今回改めてランキングを作成してみました。


なお、データとしては、令和2年度度版の私立高校募集要項を調査対象としております。わかりやすいように、今回は初年度の納付金の合計で比べてみましょう。諸経費は男子・女子で変わることもありますのであくまで参考値としてご確認下さい。


あ、始まる前に大事なことを。


決して学費が高いからといって、良い学校・悪い学校というわけではございません。どれもすべて素敵な高校という前提の上でのランキングです。ご了承下さいませ。※参考:各高校資料


それでは、早速見ていきましょう。


勉強犬杯【私立高校学費ランキング】の発表です!!




私立高校学費が高いランキング(初年度納付金合計)



1位 慶應義塾高校 1280000円


2位 法政大学国際高校 1225000円


3位 星槎高校 1190000円


4位 法政大学第二高校 1148000円


5位 中央大学付属横浜高校 1126000円



堂々のトップは慶應義塾高校さん。以下、5位中4つが横浜市の学校です。あとはやっぱり大学付属が多いですね。昨今の大学入試難化で付属高人気も高まっています。


ちなみに、慶應義塾さんは入学金が340000円でこれまたトップです。入学金って大体は20万円前後なんですよね。馬鹿になりません。公立の併願になる高校さんたちは入学金の延納制度というのも実施しておりますので、『延納措置してくれる学校』の記事をご参照くださいませ。


その他、初年度の納付金合計が100万円を超えるような学校としては、山手学院高校さんや桐蔭学園高校さん、鎌倉学園高校さんなどが挙げられます。


続いては、「安い」ランキングです。




私立高校学費が安いランキング(初年度納付金合計)



1位 聖セシリア女子高校 732000円


2位 柏木学園高校 752000円


3位 平塚学園高校 758400円


4位 藤沢翔陵高校 770600円


5位 鵠沼高校 787600円




令和二年度から再度募集を始めた聖セシリア女子高校さんが堂々の一位に輝きました。


その他見てみると、大和エリアと藤沢・平塚エリアが目立ちますね。


3位の平塚学園高校さんは、幼稚園もいくつか経営している「平塚学園」が運営しています。前回のランキングでも上位でしたね。お財布に優しい高校ということでしょうか。


神奈川県の男子校で唯一付属中学にあたる学校が存在しない藤沢翔陵高校さんと共学の鵠沼高校さん、そしてランク外の藤嶺学園藤沢高校さんは経営母体が一緒の姉妹校でもあります。遊行寺が運営。お寺が運営していると学費が安いという噂もありますが、鎌倉学園さんはそれほどでもないようです。


その他、神奈川県は国に先立って私立高校の補助金を手厚く始めた素敵な県でもあります。私立高校の説明会でも結構このお話が出ますね。記事に簡単にまとめてあります。


補助金についての最新の情報は、県のHPに載っています。ご家庭の年収によっても異なりますが、今年度から増額もされて結構お得です。


今日はずっとお金の話でした。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

お金は大事だよ、ですもの。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。