高校入試偏差値別平均点を見ながら思うこと


神奈川県の高校受験生の約40%が一度は受けると言われている全県模試さんのセミナーに参加してきました。


毎年、貴重なデータをいただけるので助かっております。セミナーの中で聞いたお話で興味深かった点をいくつか挙げると、


  • 倍率推移の理由
  • 私学の動向
  • 特色検査の平均点
  • 面接の差がつくところつかないところ
  • 偏差値別の平均点


ですかね。まだデータが集まりきってないので、あくまで速報という形で細かい部分は変わっていくのだと思いますが、大枠でどんなことが起こっているのか理解ができました。大変有意義な学びをいただきました。ありがとうございました。


本日はその中の「偏差値別の平均点」について見ていきたいと思います。



各科目の偏差値別の平均点



ここでいう偏差値は、全県模試さんの受験者データによるものです。上記の表は、その偏差値別の各科目の平均点を記したものです。あくまで判明分ということをご了承ください。


科目で見てみると、偏差値70と偏差値35台で大きく差がついている科目もあれば、そうでもない科目もありますね。例えば、英語は66点ほどの差がついていますが、数学は40点いかないぐらいです。グラフにするとこんな感じ。



つまり、英語はできる人とできない人の差がつきやすい科目、数学はその逆ということですね。でもこれ実は昨年度よりもちょっと落ち着いたんです。昨年のものも見てみましょう。



ね、若干ですが、英語の傾きもおさまり、数学も広がりを持ちました。若干ですけどね。


今年と昨年のグラフを比較すれば、昨年はどの偏差値帯でも得点トップ層にあった理科が今年は隠れました。国語が独走ですね。


昨年度、「え、やたら簡単!」としっかり準備してきた生徒にショックを与えた理科は少し点数が取りづらくなったということでしょうか。


国語はもっと難しくなるかと思ったら、まさかの簡単になった印象でした。神奈川県の公立高校入試問題は文字数も多いので、どれも国語のテストみたいっちゃみたいなところもあるから、本家はちょっと優しめにしたのかな。関係ないかな。


5科が簡単になって、上位校は高得点だらけになったかもしれませんが、中堅から下位校に関してははっきり差が見える入試問題になったのではないでしょうか。上位は難化した特色検査がありましたからね。学力を比べるという意味では、ちょうどいい感じなのかも。このバランスが来年以降も続くかもしれません。まぁ、下位校は差が見えるも何もみんなが入れる定員割れのところも多いのですが。


改めて、僕なりの5科目の感想はこちら。


最後にこれからの受験生へ偏差値別にアドバイスを。


上記の英語と数学の傾向はこの先も続くでしょう。


英語に関しては、偏差値上位層は「出来て当たり前」状態が続くということです。単語、文法、リスニング、自分の弱みを早めに見つけて対策を打っておきましょう。


また、数学は「みんなできない」傾向はまだまだ強いと思いますが、少し変化もありましたね。難問四天王として毎年君臨する下記の図にあるような正答率が10パーセントを切る問題の影響がちょっと弱まった感があり、得点が取りやすくなりました。みんなできなかった今までに比べ、そこで差が生まれることがあるということです。しっかり難問に向き合う力が今まで以上に重要になります。




目標が60点!という方は、まだまだこの記事が有用です。参考になったら嬉しいです。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

また詳しくわかったらお知らせしますね。

「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。