偏差値別高校入試得点更新!偏差値帯の各層で注意すべき科目や勉強の仕方を説明していきます



先日、全県模試さんのセミナーに参加してきました。いつもながら素敵な情報をいっぱいもらえました。ありがとうございます。


今回は、3月の速報からさらにアップデートされた偏差値別入試得点に注目していきたいと思います。ちなみに前回のはこちら。まだ平均が出る前でしたね。


こちらは全県模試さんの偏差値データと実際の入試得点の平均を使って作られた表です。全県模試で各々の偏差値帯の子が入試で何点取れているかを平均で示してあります。神奈川県の模試の中でも母集団が多い模試になるので、非常に参考になるデータですね。



偏差値65以上の子たちが気をつけるべきこと



まずは各科目のグラフの傾きに注目してみてください。これ、グラフの傾きが大きければ大きいほど、偏差値上位と下位で入試得点の差が開いているということになります。英語とか急な坂道になってますね。


つまり、英語は、上位と下位の差が大きく、「偏差値上位ではみんなできる。偏差値下位ではみんなできない」傾向が強い科目ということです。それを踏まえて、「上位層では英語ができないと勝負にならない」ということです。みんな英語はバンバン高得点を叩き出します。


入試一発目の英語で差がつかないように、準備を進めておきましょう。ただ、今年の入試では範囲がどうなるかによって難易度が大きく変わるでしょうし、その先の受験生たちは教科書改定で英語の難易度がグッと上がることも想定しておかねばなりませんね。


続いて国語です。国語もみんなできます。


数学は例年点数が落ち着く傾向でなかなか差がつかなかったのですが、昨年少し難易度が落ちて、差がつくようになりました。


理科と社会は勝負所で、ここで差がつくことが多いです。5教科まとめると、


  • 英語みんなできる(差がつかない)
  • 国語みんなできる(差がつかない)
  • 数学みんなできなかったけどできるようになってきた(差がつく)
  • 理科社会(差がつく)


みたいな感じです。


そして、その偏差値帯の子たちは、特色検査を受ける子も多いでしょう。そこでも大きな差がつく高校が多いです。ただ、5教科を固めることが特色検査の1番の対策になりますから、焦らずまずはじっくり5教科と向き合ってみてください。ゆくゆくは、知識的にも読解力的にも特色検査の問題が楽しめるぐらいになれるといいですね。



偏差値50以下の子たちが気をつけるべきこと



改めて図を見てみましょう。


偏差値35帯では点数が高い順に、国語数学理科社会英語となっています。昨年は英語と社会が反対になっていただけでした。


つまり、その層の子たちは英語でなかなか点が取れないのです。逆に、計算など正答率が高い問題が担保されている数学は点が取りやすいのです。


また、偏差値50以下の高校の多くで定員割れが起こっている現状です。「定員割れしているから勉強しなくていいや」なんて子はおそらくほとんどいないでしょうが、折角だから、合格のための勉強というよりは、その先を見据えた勉強に軸足をおいてみましょう。総復習の大チャンスです。


まずは正答率の高い問題、つまり基礎的な問題をきちんと取れるように練習をすること。数学からがやりやすいですかね。そして、高校に入ると授業数の多い英語をなんとか理解できるようにすること。この2科目は積み重ね科目でもあり、中学内容ができていないと高校内容もできません。


また、全国一とも言われる文章量の問題を読みながら「相手の求めているものを返す力」=国語力を鍛え、まずは好きな分野からでも理科や社会の知識を増やしておけると、高校生活が楽ですね。


具体的な勉強方法については、以下の記事にも載っています。データは古いですが、対策の方法は大きくは変わりません。


最後に大事なこと。どのレベル帯の子だって、入試のためだけの勉強だなんて思わないでね。あなたの人生はまだまだ続いていきます。


自分の状況と目標・目的に応じて、人生にたった一度しかない高校受験という勉強しやすい時期を活用していただければと思います。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

己と敵を知り、ベストを尽くせば大丈夫。

「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。