作文祭であなたの本の紹介や読書感想文を募集しています!今回の名作は「夜明けまで1マイル」


「先生、コンクールって言われると出しにくいかもしれません」


そんな適切なダメ出しを生徒からもらったので、第5回で名称を変更し、「勉強犬作文コンクール」から「作文祭」に変更したいと思います。


上手い、下手にかかわらず、気軽に気楽に文章を書いて欲しいなという想いを込めて。


と言うわけで、今宵も「作文祭」に届いた素敵な作品をご紹介していきましょう。



夜明けまで1マイル



「恋愛小説なんて、女々しいよな」


そううそぶいてはみたけれど、受験勉強のストレスから活字に飢えていた僕は、友人に薦められるままその本を借りて帰った。


いつものように、寝床に入って僅かな灯りで読書をする。本を楽しむなんて 言えたもんじゃない、これは入眠の儀式。


そんな僕の意識は眠りではなく、容赦なく1冊の本の中に引きずり込まれていく。いつしか外は白んでいたけれど、もう止まらない。


もうじき夜も明けてしまう焦燥感の中、目にしたラストシーンも夜明けだった。


リアルと交錯するタイトル。そして最後の舞台。


奇跡のような、冗談のようなシチュエーションに、僕は涙する。




村山由佳 / 夜明けまで1マイル




うわー、読みてーってなりますよね。


文章中にも散りばめられたいい意味での裏切り。現実と物語のリンク。爽やかな読後感。短い文章の中に素敵な要素が詰め込まれている、まるで夜明けの空のような感想文でした。


あらすじを見ると決してそんな感じがしないのですが、読んでみるとなんだか青春小説っぽくなるのは村山由佳さんの手腕ですね。ちなみに村山さんって昔塾講師もやられていたんですよね(どうでもいい)。


素敵なテキストと画像をセットでお送りいただいたこの感想文の作者は、エコール学院螢田教室の富田先生です。もちろんブログも面白いです。過去の投稿も貼っておきますね。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

素敵な感想文ありがとうございました。







「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。